龍生派具有超過一百年的歷史,直到現今家元吉村華泉氏為止,已經傳了三代了。近一個世紀以來,龍生派的歷史,等於在解說日本自明治以後插花的情況,故具有濃厚的趣味性。龍生派的三個基本花型「真」「行」「草」,就是由中國的書法體裁演變而來。其中「真」的花型恰似嚴謹的楷書,主枝以近乎豎直方向插制;「行」則好似行書,花材略微橫向傾斜插制,花型略顯鬆散;「草」極似草書,花材橫向傾斜插制,花型幾乎均爲橫長,灑脫自如。此後,龍生派逐漸生根發芽不斷壯大。第三代家元吉村華泉提倡重新審視植物本來的生命,一面繼承發揚傳統的古典花,一面不遺餘力地開創新時代的自由花,其著作《植物的容貌》已成爲龍生派自由花創作的根基,書中提倡「透徹地琢磨和捕捉一枝一莖所具有的表情與特性,在作品中通過作者的感性將它們充分彰顯出來」。1996年,在龍生派創流110週年之際,承載面向新世紀重任的吉村華洲就任副家元。吉村華洲善於創作大型作品,其中顯露出的卓絕空間感令人驚嘆。他精力充沛地積極推進插花與爵士樂隊、日本大鼓、各式劇團、舞台美術等領域的聯合創作,並涉足裝置藝術,即讓插花與該場所的原料或風格特色相結合,進一步拓展了龍生派的藝術領域和社會影響。2013年則由台灣花藝家『陳建安』老師,引進介紹日本華道龍生派,並建置龍生派之網站,以利龍生派之花藝推廣。

 

流派簡介      
明治19年(1886)、初代家元吉村華芸(かうん)が若冠27歳で新しい文化が集う東京において創流しました。二代目家元華丘(かきゅう)は、立華、生花に加え挿花(そうか)、瓶花(へいか)様式を創案し、近代的な流派としてさらに基礎を固めました。 現在の三代目家元華泉(かせん)は、戦後の復興にともなって自由な試みが歓迎され、前衛的な風潮がもてはやされる中、植物本来の生命を見つめ直し、作品化する方法論「植物の貌(かお)」を提唱、「植物の貌」は今日の活動の根幹となっています。110周年の折から、次代を担う役割として副家元に吉村華洲が就任。2011年で龍生派は創流125年を迎えました。
 
その流派の名前は、初代家元の華芸の出身地が愛知県岡崎城で、その岡崎城の別名が「龍ケ城」だったことにちなむ。岡崎にて池坊を学んだ吉村華芸は東京に出て頭角を現すが、当時の池坊のいけばなを出生重視すぎると否定し、池坊を離れ、自己の流派を創流した。当時は「池坊龍生派」を名乗る。
       
流派簡介 花型特色 課程認證 師資介紹 最新活動 相關書籍 相關網站 學員分享